中古住宅のフローリングやトイレの床(タイル)の汚れにお困りではありませんか?

通常のフローリングだとワックスを3~6か月に一度塗り直しが必要となりますね。

ワックスはどうしても傷が入りその傷に汚れが付いてしまいます。それに重ね塗りしてしまうとどんどん汚れがたまっていきます。ワックス剥離をしてワックス塗るというのは大変な作業です。

コーティングは傷や汚れが付きにくくお手入れも簡単!使用状況によって短くなることもありますが水性のコーティングだと約10年耐久となっています!

 

フロアシールドSKの施工になります。
水性の中では光沢のあるコーティングになります。

ワックスが塗られている場合はワックス剥離後のコーティングになります。
コーティング塗布時は埃などが飛ばないように窓を閉めてからの施工となります。

コーティング塗布前


コーティング塗布中


コーティング塗布後
光沢が出て部屋が明るくなります。

 

トイレ床コーティング

石灰などの汚れを落としてからのコーティングになります。


コーティング後
濡れた感じが残りますが乾燥してて防滑・防汚効果があります。

汚れが付きにくくなるのでゴシゴシすることなく簡単な拭き作業で汚れが落とせるのでお掃除が楽になります。